母親の具合が悪くなり業者に依頼

祖母がなくなり、遺品整理でその家の片付けを母親と一緒にすることになりました。その時は、初めての遺品整理だったのでぼちぼちやればなんとかなるだろうと思っていたのです。ところが、そのように軽く考えていたことが、とても反省することになったのです。
最初は、まずまずと思って片付けていたのです。ところが、10日目ぐらいになると母親の具合が悪くなってしまいました。それは、腰が痛くなったんですね。無理をしたことはなかったのですが、やっぱり自分がそのように思っていなくても、不用品を整理するのは相当な体力がいることなのです。そして自然に無理をしていたと感じます。
その後は、母親抜きで私ひとりでその整理をすることにしました。しかしひとりで行っていると、やっぱり一人は無理と思うようになります。ものをひとりで動かすことができないのです。結局、電話をして不用品を片付けてくれる業者に依頼をすることにしました。辛い思いをしたので、最初から依頼をしたら良かったと思うようになっています。