清掃

人それぞれに苦手なことはあるものですが、清掃が苦手と言う人は意外と多いようです。私の母の場合は、普通の清掃はできるのですが収納や片付けが苦手で不用品を捨てることができません。整理して収納することができないため、引き出しにモノがごちゃごちゃに入っています。洋服などは季節で分けることが出来ておらず、探すときに大変です。要らないものもあちこちの箱に入れて置いてあるため、いつまでも使わないものがスペースを占領しています。毎日の清掃はできても、片付けができないパターンです。
一方、友人は毎日の清掃自体が苦手の様です。掃除機をかけるのも汚れが目立った頃にしか行わず、かけたと言ってもゴミが残っていたりします。せっかく掃除機をかけるのであれば、埃ひとつ残さずかけたいものですが、それができない、もしくは多少残っていても気にならないと言った感じです。当然、いつも部屋の中は雑然と散らかっていて気持ちが良いものではありません。本人が気にならないのなら問題はないのですが、到底理解に苦しむ感じです。こうやって見ると、清掃や片付けが苦手な人は意外と多いのかもしれないと思う今日この頃です。