月次アーカイブ: 4月 2018

家財の遺品整理する時、自分が使えるものは使いたいと思います。しかし生活用品として、ダブってしまう場合は捨てることにしています。そのようにすることにより、自分の家に不要なものを持ち込むことがないからです。もったいないと思っていると、どんどん家の中にものが増えてしまいます。そのことから、遺品を整理するときもそんな気持ちを持ちながら行うことが大切と感じました。

そんな時、使えるものとして雑貨がありました。その雑貨は、とても美しいです。そのため、リサイクルできるかなと思って、リサイクルショップに持参することにしました。すると、なんと買取をしてもらうことができたのです。

そのことから、遺品は全て処分をするというよりも使えるものはリサイクルすることで故人のためにもなると思うことがあります。使えるものなので、使えるように誰かだ使うのはとてもいいことですね。

また使っていない電気製品も、リサイクルしました。案外と新品のように、使っていないものも多かったです。